業務負担を軽減させる【電話代行が行っているサービス】

記事リスト

電話応対の代行サービス

固定電話

コール回数に応じた料金

携帯電話が普及した現在でも企業が事業を展開する上では、顧客の信頼を得るために固定電話の設置が欠かせません。どの企業でも事業活動に当たっては必ず電話番号を周知させ、取引先からの連絡や顧客からの問い合わせ受け入れ態勢を整備しているものです。その一方で人員の限られた企業にとっては、煩雑な電話の応対に十分な人手を割くことができないケースも少なくありません。1人で起業した場合は留守中にかかってきた電話が取れずに、大事な取引を逃してしまう事態も考えられます。そうした企業の間では電話代行サービスが広く利用されてきましたが、その料金体系はサービス会社によって千差万別の状況です。月額料金数万円のコースもあれば、月額料金無料で1コールごとに課金されるシステムもあります。かかってきた電話を受けて契約者の携帯電話やPCにメールで報告するのが一般的な電話代行サービスのあり方ですが、予約受付代行などオプションサービスもさまざまです。初めて利用する企業にとってはわかりにくく感じられる電話代行サービスの料金体系にも、ある程度の共通点に基づいた料金相場が存在します。それはコール回数に応じて基本的な月額料金が決まるというシステムで、基本料金の相場を上回る分をどう評価するかはサービス内容次第です。概ね100コールの料金コースで月額1万円前後という平均相場が見られ、コール数が少ないコースと比べて多いコースほど割安感があります。各コースで設定された規定のコール回数をオーバーすれば、1コールごとに料金が加算される仕組みです。電話代行サービス利用の際には自社で1カ月にどれくらいのコール回数が想定されるかを計算し、付加サービスも考慮した上で代行会社を選ぶといいでしょう。大半の電話代行サービス会社はインターネットで料金体系を公開しているため比較しやすく、評判なども検索することで最適なビジネスパートナーが見つかります。