記事リスト

電子決済の将来性

スマホ

現金を持たない世の中

wechatは中国では微信と呼ばれるアプリで多くの中国人が利用しています。見た目は日本でいうLINEのようなもので通常SNSとして利用していますが、LINEと大きく違うところはwechat pay(微信支付)と呼ばれる電子決済利用のしやすさにあります。自分の銀行口座を登録することでwechat payによる様々な支払いが可能となります。店舗はショッピングモールやレストラン、ホテルの宿泊など多岐にわたります。日本でも電子マネーは広く利用されていますが、日本以上に多くの機能や付加価値が備わっています。例として中国ではwechatのIDが分かれば、他人の口座にもpayすることが簡単にできます。このため中国ではwechatを利用していない人はいないのではないかと思うほど浸透しています。しかも日本の10倍の人口なので、マーケットも単純に日本の10倍以上のため、世界的なシェアは大きく今後日本にも進出する可能性があります。これは同時にキャッシュレスの時代がもう訪れているとも言えます。現金というのはレジの煩わしさや紛失するというリスクが発生します。スマホは生体認証のようにセキュリティが改善されてきている事もあり、紛失した際のリスクが今では現金よりも少なくなってきています。また同じく広がりを見せているネット決済はwechat payを利用するため、相乗効果も期待できます。日本ではセキュリティの観点からすぐに中国と同じシステムが浸透しないかもしれませんが、中国で実績を積んだうえで問題が解消されれば何よりも利用価値の高いシステムとして利用されることは間違いないでしょう。そしてそれはそう遠くない未来かもしれません。