電話代行業者を利用しよう【仕事の効率を大幅アップ】

記事リスト

会社の電話対応を万全に

固定電話

専門オペレーターが応答

ビジネスにおけるさまざまなアウトソーシングサービスの中でも、特に人気が高いのが電話代行です。電話代行とは、その名の通り電話の応答を専門事業者に委託することをいいます。一般的なサービス形態だと、会社等に電話がかかってくると業者の許へ自動転送され、そこでオペレーターがユーザーの社名等を名乗って応対します。相手側はそれが転送されたものだと知ることなく、用件を伝えます。対応方法はケースバイケースですが、通常はメッセージを預かり、通話終了後にユーザーの許へメールやファックス等で連絡されます。緊急時には事前に登録した携帯電話の番号に、あたかも内線電話を回すように電話を再転送するサービスを提供している業者もあります。電話代行サービスは、主として要員に十分な余裕のない小規模事業所や、1人起業家などの間で高いニーズがあります。電話対応用の留守番を置かなくても、安心して外回り営業等の業務に集中することができるとして評価されています。また、最近ではサービスの内容も多様化してきており、中にはより専門的な電話代行業務も委託できるようになっています。たとえば通販関連業務です。業者と事前に打ち合わせを行うことによって、注文の受付や商品説明、クレーム処理といった業務を代行してもらえます。さらに、かかってきた電話に対応するだけでなく、自ら電話をかけるタイプの代行サービスを手がけている業者もあり、セールスや市場調査などの目的に利用されています。