業務負担を軽減させる【電話代行が行っているサービス】

記事リスト

女性

電話の受け損ないを防ぐ

電話代行は、社員が出払っていたり手が離せない時などにかかってきた電話を専門業者の許へ転送し、代理応答してもらえるサービスです。サービスの具体的な内容や利用料金は千差万別ですが、インターネット上で簡単に比較することができます。

詳しく見る

固定電話

事務所向けの電話サービス

事業運営で大切なのは電話対応です。仕事の依頼や注文のほとんどは電話です。会社を起ち上げたばかりの時はスタッフも少なく、事務所が留守になります。そんな時に便利なのが電話代行サービスです。かかってきた電話を経験豊かなオペレーターが受け、すぐに出先の担当者に連絡してくれます。経費削減にもなります。

詳しく見る

スマホ

電子決済の将来性

wechatは中国で利用されているSNSでwechat payはそれを利用した電子マネー決済のことです。自分の銀行口座を登録することで様々な店舗での支払いが可能となります近い将来現金を持つ事のほうがリスクが高くなり、日本もwechat payを使う時代が来るかもしれません。

詳しく見る

女の人

起業した時に利用したい事

起業しやすくなってきた現在ですが、限られた資金をビジネスにきちんと使うために、電話の応対を代行サービスに頼ることがあります。この電話代行サービスは、昔から存在しているのですが、電話に限らず事務所貸出などの付加サービスも合わせて受けることができるのです。

詳しく見る

固定電話

電話応対の代行サービス

煩雑な電話応対業務を外部委託する目的で、電話代行サービスを利用する企業は少なくありません。電話代行サービスの料金体系もサービス内容によって多種多様ですが、コール回数に応じた料金の平均相場も見られるものです。インターネットで事前に料金体系と評判を検索すれば、自社に合った電話代行サービスが見つかります。

詳しく見る

会社の電話対応を万全に

固定電話

専門オペレーターが応答

ビジネスにおけるさまざまなアウトソーシングサービスの中でも、特に人気が高いのが電話代行です。電話代行とは、その名の通り電話の応答を専門事業者に委託することをいいます。一般的なサービス形態だと、会社等に電話がかかってくると業者の許へ自動転送され、そこでオペレーターがユーザーの社名等を名乗って応対します。相手側はそれが転送されたものだと知ることなく、用件を伝えます。対応方法はケースバイケースですが、通常はメッセージを預かり、通話終了後にユーザーの許へメールやファックス等で連絡されます。緊急時には事前に登録した携帯電話の番号に、あたかも内線電話を回すように電話を再転送するサービスを提供している業者もあります。電話代行サービスは、主として要員に十分な余裕のない小規模事業所や、1人起業家などの間で高いニーズがあります。電話対応用の留守番を置かなくても、安心して外回り営業等の業務に集中することができるとして評価されています。また、最近ではサービスの内容も多様化してきており、中にはより専門的な電話代行業務も委託できるようになっています。たとえば通販関連業務です。業者と事前に打ち合わせを行うことによって、注文の受付や商品説明、クレーム処理といった業務を代行してもらえます。さらに、かかってきた電話に対応するだけでなく、自ら電話をかけるタイプの代行サービスを手がけている業者もあり、セールスや市場調査などの目的に利用されています。